伊勢市の新割烹「柚子」でございます

当店は鳥羽離島、志摩周辺の魚介類を直接仕入れしてます。
伊勢志摩は、日本でも有名な、リアス式海岸で多くの漁港がある水産業が盛んな地域です。
水上げされたその殆んどが東京、大阪、名古屋に出荷されて高値で取り引きされています。
春の鰹、鯛、鮃等から始まり夏のスズキ、イサキ、コチ、アワビ、タコ等、秋の伊勢海老、
イシダイ、フグ、タチウオ等、冬のカキ、真珠貝、サワラ、ヤガラ、黒ムツ等数え切れない
魚介類が美味しい所です。
是非地元産を味わって下さい。

地元伊勢の鮮魚にこだわり、仕入れから調理までを一貫

季節の食材はもちろん、ご来店いただくお客様に合わせて その時々の“旬”が変化する。

“旬の食材なら美味しい”というわけではないのです。

私は鳥羽の離島に生まれ、漁師の家庭で育ちました。
魚は直接、目で見て美味しいものを選ぶことが重要です。

水産業が盛んな伊勢志摩では、鳥羽の離島、志摩周辺で水揚げされたそのほとんどが、大都市に出荷され、 高値で取り引きされます。

地元に長年根付いた歴史ある当店では、脂ののった美味しい魚を直接、 一番先に仕入れることができます。

春の鰹、鯛、鮃。

夏はスズキ、イサキ、コチ、アワビ。

秋には伊勢海老はもちろん、

冬にかけては“伊勢湾の奇跡”とも言われる、答志島のトロさわらを提供しております。

そして、その伊勢の美味しい魚介は、食材に適した調理法と、お客様のお好みに合わせてお造りするからこそ、 お喜び頂けると考えております。

“伊勢の魚介を美味しく食べていただきたい”

創業からその想いは変わっておりません。

“割烹”と言いますと、敷居が高く感じる方もまだ多いですが、ほぼ100%地元の食材にこだわったお料理を提供させていただき、おかげさまで数多くのお客様にご愛顧いただいております。

修業時代から教え込まれた“お客様のお望みは何かを知る”ということに重きを置いており、ご予約時にお伺いした情報をもとに、お客様に合わせたお料理をお出ししております。

料理の基本は守りつつ、ここ伊勢でしか味わえないちょっと珍しい食材や、工夫を凝らしたお召し上がり方も ご堪能いただけます。

“いい伝統は残し、新しい時代に合わせた挑戦をしつづけたい”

新割烹柚子で、本物の伊勢の味をお楽しみ下さいませ。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。