周辺人気スポット

伊勢神宮 外宮まで 約9分

伊勢神宮 外宮まで 約9分

正式な名称は「豊受大神宮」と呼ばれ、食と産業をつかさどる暮らしの神様です。
お伊勢参りは、外宮を参拝してから、内宮を参拝する習わしが古くからあります。

【経路】
県道22号線を西に直進
約2.3km

伊勢神宮 内宮まで 約21分

伊勢神宮 内宮まで 約21分

皇大神宮(こうたいじんぐう)通称「内宮」と申し上げています。
皇室の御祖先の神である、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、お祀りされています。

【経路】
南勢バイパス/国道23号線に入り、
東へ約8.5km

猿田彦神社まで 約15分

猿田彦神社まで 約15分

「みちひらき」の神とされた猿田彦大神は、方位除け・物事を良い方向へ導いてくれると云われています。
伊勢志摩地方では、交通安全、お宮参り、七五三の折には必ず参拝する神社のひとつです。

【経路】
南勢バイパス/国道23号線に入り
東へ約8km

二見興玉神社まで 約17分

二見興玉神社まで 約17分

二見町にある神社で、古くより神宮参拝の前に二見浦の海水で人身を清める禊をする「浜参宮」と云う習わしがあります。現在でもまずはこの神社に参拝し、お祓いを受けてから神宮へ向かう参拝者が多いです。

【経路】
南勢バイパス/国道23号線に入り東へ約7.5km → 鳥羽・二見 方面へ国道42号線を約4km進む

おかげ横丁まで 約21分

おかげ横丁まで 約21分

伊勢神宮の内の鳥居門前町「おはらい町」の中ほどにある美味し国・三重を代表するお店が軒を連ねている横丁です。
江戸時代末期から明治時代初期の門前町の街並みを再現した伊勢一番の観光地です。

【経路】
南勢バイパス/国道23号線に入り、
東へ約8.5km